Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

車を所持したままでも任意整理できますか?


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

債務整理問題に関わっていると「手続きに入ると車は没収されてしまうのでは?」といった質問をよく耳にします。
回答としては、「没収されてしまう場合もありますが、工夫によってそれを阻止することができます。
では、その工夫とは?一体どのようなものなのでしょうか。

・車の所有権留保に注意

車を購入する際、ローンを組むのであれば所有権留保されていることがほとんどです。
所有権留保とは、売主が担保のために代金がすべて支払われるまでは目的物の所有権を買主に移さず保留することをいいます。
所有権留保がされている場合に債務整理手続きに入ってしまうと、代金債務不履行(支払いの約束を守らなかった)として車は没収されてしまうことがほとんどです。

・任意整理以外の手続きで維持する方法

自己破産や個人再生を取るとなった場合は、所有権留保の車を所持し続けることはできません。
ただし、債務を完済しているのであれば所持できる可能性が出て きます。
自己破産の場合、車の時価が20万円以下であれば財産として評価されないので、没収されてしまうようなことはありません。
また、個人再生の場合は 時価がそのまま財産として評価されることになりますが、所有自体は可能です。

・任意整理ならば維持は容易

車の所有権留保がされてはいるが、どうしてもこのまま所持していたいという場合、任意整理であれば容易に実現可能です。
その方法とは、単純に車のローン債 権者を任意整理の対象からはずしてしまえば済みます。
もちろん、返済は従来通り行わなければなりませんので、支払い額が減るわけではありませんが、その他 の返済負担が軽くなれば、車を維持していくことが可能となる場合が多いといえます。
任意整理はこういった状況下でも臨機応変に対応することができますので、債務整理の中でも非常に自由度の高い手続きであるといえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ