Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

債務整理の弁護士、司法書士の違い


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

債務整理を行うには基本的に専門家に相談して行う事が一般的と言われています。
ただ専門家を雇わずに自分で行う人もいるようです。
専門家とは弁護士と司法書士ですが、この二つの職種はどう違うのでしょうか?
費用面で言えば、弁護士が少し高いとの声が多いようですが、これはピンからキリまでありますので、色々と調べて納得出来るまで比較検討して見る事が大切です。
ただ依頼した内容について弁護士、司法書士では動ける内容に少し違いがあります。
弁護士は、総債権額140万円を超える債務に対しても交渉権や訴訟代理権があり、集団訴訟や慰謝料等の請求の訴訟上の事に関しても動けます。
これに対して司法書士は、140万円を超えると交渉権や訴訟代理権はありません。
これらの違いは認識しておく必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ