個人民事再生とは

自己破産の場合には、原則として不動産を処分しなければなりませんが、個人民事再生は、裁判所に借金返済が困難であることを認めてもらい、
一定の要件を満たせば、持ち家を残したまま、住宅ローン以外の借入金を大幅に減額(およそ5分の1)してもらうことができるものです。
住宅ローンを除く借入金の総額が5000万円以下で安定した収入が見込まれる場合に利用できる制度です。
原則3年間、特別な事情がある場合には5年間の分割返済となります。
個人事業者を対象とする「小規模個人再生」、給与所得者を対象とする「給与所得者等再生」があり、手続きや減額の大きさなど、ケースバイケースです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ