Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

学生ローンの借入れがったHさんの場合


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Hさんは大学生のころ一人暮らしをしていて、生活費が不足した際に借入をしていました。
金額としては20万円ほどだったのですが、返済は1~2回し ただけで後はそのままにしていました。
何度か返済を求める電話や郵便物がきてはいたのですが、すべて見て見ぬ振りをしていたようです。
その後、大学を卒業したHさんは実家へ帰ることになったのですが、なかなか就職先が決まらなかったため、家にいる時間ばかりが増えてしまっていました。
そんなHさんのもとに、裁判所から「支払い督促」の通知が届きました。
Hさんは突然のことに驚き、どう対処したらいいのかわからなくなってしまいました。お金の問題なだけに後ろめたさから両親に相談することもできず、今回ご相談へこられました。

裁判所経由で債権者から支払い督促が届いた場合、とりあえずは異議申し立てをする必要があります。
異議申し立てをすることによって、通常訴訟へと移行されることになるので、一旦は強制執行を回避することができます。
Hさんの場合、支払い督促が届いてからすぐに相談へこられたため、債権者との任意交渉により、支払い督促は取り下げてもらうことになりました

支払い督促があった後でも任意整理はできる

請求金額としては遅延損害金も含め20万ほどだったのですが、現在、Hさんは就職活動中で無収入のため、すぐに支払いを開始することがでませんでし た。しかし、健康状態に問題があるわけではなく、アルバイトであればすぐに始めることができる状態でしたので、最初の支払いは1ヶ月先にしてもらうことで債権者とは合意しました。

今回のように、裁判所からの支払い督促が届いてからであっても、任意整理を利用することができます。それすらも見て見ぬ振りをしてしまうと債務名義 を取得されてしまい、すぐに強制執行ができる状態になってしまいますので、そうならないためにも早めの行動を起こすようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ