Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

ギャンブルが理由でも任意整理できますか?


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

借金を作った理由というのは人それぞれです。どうにもできない事情があったり、誰かに騙されてしまったり。中にはギャンブルやショッピングによって借金を膨らませてしまったという方もいることでしょう。

ギャンブルなどの無駄遣いは、いわゆる「浪費行為」に該当しています。
同じ債務整理手続きである自己破産を定義している破産法によると、浪費による借金は 「免責不許可事由」といって免責を認めないといった規定もあるくらいです。これでは心配になってしまうのも無理はありません。
では、浪費が原因で膨れ上がってしまった借金を任意整理することは果たして可能なのでしょうか?

・任意整理に借金の理由は関係ありません

任意整理というものは、あくまでも債権者(貸金業者)との返済交渉です。
借入れていたお金を何に使ったのかというのは貸金業者側には関係ありませんので、浪費をしていたからといって任意整理は認めません!
なんていう貸金業者はまずありません。

・ショッピングの場合は要注意

ギャンブルだけでなく、ショッピングによる浪費の場合であっても、任意整理手続きを取ることは可能です。
ただし、ショッピングの場合は、商品の引き渡しを お願いされることもあります。
といっても、車や着物といった財産価値のある高額な商品のみに限られますので、通常の日用品が回収されるようなことはありま せん。

・ギャンブルはダメって聞いたけど?

借金の原因がギャンブルである場合、債務整理はできないという噂が耳に入ることもありますが、これを鵜呑みにしてはいけません。
強いていえば、影響が出てしまう債務整理手続きは自己破産のみです。
上記したように自己破産には免責不許可の制度がありますので、あまりに不誠実な理由で借金を膨らませた場合は免責決定が出ません。
しかしながら、「裁量免責」といって、免責不許可事由に該当していた場合でも、裁判官の裁量(判断)で免責決定がもらえる制度もあります。
つまり、たとえギャンブルが理由であったとしても、すべての債務整理手続きを取ることができるということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ