Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

グレーゾーン金利に手を出したJさんの場合


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

男性会社員Jさんの事例です。
Jさんが最初に借金したのは10年以上前のことで、給料日前で友達と遊ぶお金がなかったためにほんの数万円借りたのが始まりでした。
最初はほかの人と同じように罪悪感があったのですが次第に感覚はマヒしていき、毎月数万円の借入をするようになりました。
気付いたころには借金総額は360万円になっていました。

そのときのJさんはまだ独身だったこともあり、働いて返せばいい、貧乏しても人に迷惑をかけることはないと考えていました。
しかし結婚をすることとなり、そうも言っていられなくなります。Jさんは会社員の傍らアルバイトも行い、妻に内緒でせっせと借金を返済していきました。

グレーゾーン金利に手を出して状況が一変

はじめは頑張って働いて返済を続ければいつか地獄から抜け出せると思って働いていましたが、そんなときにグレーゾーン金利の存在を知ります。
これは利息制限法と出資法の上限金利の間に生まれるグレーな空間で支払をすることで、気付かないうちに余分な利息を支払っていると言うものです。

Jさんは情報収集をして利息が下がる可能性を見出し、債権者と交渉して金利の引き下げを提案しました。
しかし素人相手に債権者が応じるわけはありません。

弁護士に依頼して任意整理へ

そして最後の手段として弁護士に依頼して任意整理に踏み切ることにしました。
任意整理の結果、相談当時は160万円あった借金が6万万円に減り、約80万円の過払い金を受け取ることができました。
さらにすでに完済していた消費者金融にも過払いがあったことが判明し、20万円が返還されました。

こうしてJさんは借金の重圧から解放され、多額の過払い金を受け取ることもできました。
ようやく子供を作る決心もついたといいます。

Jさんのように個人で債権者に掛けあってはどうだろうかと考える人もいるかもしれませんが、債権者側がそのような債務者にその都度応じていたのでは商売が成り立っていきません。弁護士を通して交渉をして、初めて任意整理は成功するのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ