Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

過払い金が見つかったJさんの場合


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Jさんは、過去にギャンブルなどによる借入を多くしており、長期間にわたり貸金業者からの借入を繰り返していました。
当時、返済が滞るようなことはありませんでしたが、取引期間が10年以上に及んでいた貸金業者もありました。
その後、Jさんは婚姻を機に、ギャンブルは今後一切やらないこととし、貸金業者3社からの借入を銀行のおまとめですべて完済し、支払いを一本化することにしました。

しかしながら、支払いを一本化したのはいいものの、借入元金は300万円を超えており、返済額に対してなかなか元金が減っていかないため、任意整理でどうにかならないものかと、今回ご相談にこられました。

今回のような場合、過去におまとめで完済をしてはいますが、貸金業者との取引履歴が10年以上に及んでいたことから、過払い金が発生している可能性が強いです。
完済により現在は取引が継続していなかったとしても、最終取引日から10年を経過していないのであれば、発生していた過払い金を請求することができるのです。
早速、Jさんの承諾を得て、各社から取引履歴を取得してみると、下記した過払い金が発生、回収することに成功しました。

B社 110万円→100万円回収
C社 130万円→110万円回収
D社 90万円→80万円回収

これだけの過払い金があれば、銀行への返済はほとんど間に合うようでしたので、今回は銀行への介入はしませんでした。

完済していても取引があれば過払い金が発生している可能性がある

通常、すべての債務整理手続きは専門家の介入によって信用情報に傷がついてしまうのですが、今回のような完済後の過払い請求の場合は信用情報に一切の影響がありません。

結果としてJさんは、銀行への借金をすべて清算し、専門家介入によって信用情報に傷がつくようなこともなく、無事に借金問題を解決することができました。

Jさんは、一度完済し、すでに取引自体がなかったため、ここまで過払い金が発生しているとは思っていなかったようです。
過去に一度は借金を完済していたとしても、高金利での貸し付けが行われていたのであれば、過払い金が発生している可能性は十分にあるということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ