弁護士が嫌う債務整理パターンとは

最近弁護士がテレビCMや電車の広告などで「債務整理について」よく宣伝しているのを見かけませんか?
弁護士は司法制度改革によって、この数年で急激に増え若い弁護士などは仕事が見つからない状況があるようです。
弁護士も生活をしていかないといけないわけですから必死ですよね。
そこで目をつけたのが債務整理と言われています。
ただ弁護士が嫌う債務整理のパターンは、ヤミ金が絡んでいるケースです。
大手消費者金融相手だと話は早いのですが、ヤミ金だとバックに誰がいるのかわからないですし、ヤミ金は弁護士側としてもリスクが高くお金にならないので嫌うようです。
しかし、人が嫌がる事をあえてやる弁護士もいるので仮にヤミ金で困っているのであれば相談してみましょう。
ヤミ金を専門にする弁護士も沢山います。

PR

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ