Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

旧姓名義での任意整理は可能ですか?


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

なるべく結婚後の苗字は伏せて任意整理をしたいという相談。
実は結構あります。

女性であればこういった悩みはどうしても抱えてしまうものです。これが気になって任意整理になかなか手を出せないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、どうしても現在の姓を明かさずに任意整理をしたい方にとって、必ず知っておきたい知識をご紹介させていただきます。

・旧姓名義での任意整理は可能です!

貸金業者に対して、任意整理手続きに入ることを伝える際に必要となるのは、契約時の氏名・生年月日・住所が必要となります。
貸金業者はこれらの事項によって本人を特定しますので、新しい姓を知らせることなく手続きを開始することが可能となっています。
では、旧姓であることを最後まで隠し通すことは果たして可能なのでしょうか?

・本来は通知をしなければならないが・・・

最初の貸金契約時の内容にも記載されているはずですが、姓が変わった時点で貸金業者に対しては通知をしなければならないものとされています。
これはもちろん住所が変わったときなども同様です。とはいえ、実際には貸金業者に対して結婚報告や引っ越し報告なんてものはしません。
貸金業者側も返済が滞っていない限りはいちいち確認もしてきません。
しかし、返済が滞った場合、貸金業者側も催促の郵便を出しますので、これが送付できな いとなれば住民票の取得などによって現在住所地の調査をしてきます。
つまり、住民票を移しているのであれば貸金業者にはすぐに知られてしまうというわけで す。

・最後まで隠し通すには専門家の力が必要

最後まで貸金業者側に知られたくないのであれば、貸金業者が調査を始める前に専門家に依頼をする方法しかありません。
任意整理を個人でするとなれば、貸金 業者側とは書類のやり取りが必要になってしまう場面がありますので、住所を隠したままというのは無理があります。
しかし、専門家に依頼をすれば書面のやり 取りはすべて専門家の事務所を通すことになりますので、新しい姓や住所地を知られることなく手続きを進めることが可能です
ただし、専門家であれ通常は新住所と旧住所、現在の姓と旧姓については、しっかりと記載して介入通知を出しますので、どうしても隠して任意整理がしたいのであれば、しっかりと専門家にその旨を伝えておくようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ