Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

連帯保証債務がある場合どうしたら良いですか?


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/users/0/chips.jp-niniseiri/web/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

任意整理の手続きを取る際に、連帯保証債務がある場合は注意が必要です。
また、自身が主債務者である場合も、連帯保証人には迷惑がかかってしまう可能性があります。
では、任意整理と連帯保証債務には一体どういった関係があるのでしょうか。
これを理解していないと自己破産しか選択肢がない・・なんて事態になってしまうこともありますので、しっかりと確認しておきましょう。

・任意整理で連帯保証債務は整理できない

任意整理というものは、利息や損害金をカットする交渉をし、返済回数を長期にしてもらうなどして、現在よりも返済を楽にしていく手続きです。
しかし、連帯保証債務というのは、主債務者が支払いを続けている限り、自身に請求がくることはありません。
厳密にいえば、連帯保証人というものは「主債務者と同じ債務を負っている」状態ではあるのですが、いざ目の前に支払い請求がきているわけでもない限り、任意整理の対象とすることができないのです。

・連帯保証人をはずされてしまう可能性

連帯保証人というのは言葉のとおり、いざというときの保証ですので、連帯保証人が経済的に困窮し、任意整理手続きを取っていることが債権者に知れた場合、 もう保証人でいられなくなってしまう可能性もあります。そうなってしまえば、主債務者は新たな保証人を立てなければなりませんし、それができない場合は一 括請求などといった強硬手段を取ってくる可能性もありますので十分に注意が必要です。

・主債務者である場合の注意点

自身が主債務者であり、別に連帯保証人がいる場合、債権者側は任意整理の交渉に応じてくれない可能性が非常に強いです。
主債務者からもともとの債権を回収 できないのであれば、連帯保証人から回収すればいいというのが連帯保証債務ですので、連帯保証人に請求がいくことになるかもしれません。そうなってしまえ ば、連帯保証人との人間関係の悪化も懸念されます。連帯保証債務がある方は、必ず事前に相談をするようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ